スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

りゅうせいぐんゲー敢行中

現在のパーティ


レントラー@オボンのみ いかく なまいきHD(育成記事参照
ボルトチェンジ/こおりのキバ/ひかりのかべ/どくどく

ギャラドス@たべのこし いかく いじっぱりH193S125調整残りA
たきのぼり/こおりのキバ/みがわり/りゅうのまい

リザードン@こだわりスカーフ もうか ひかえめCSベース
だいもんじ/エアスラッシュ/りゅうのはどう/どくどく

サザンドラ@こだわりメガネ S最速ギャラ抜き 耐久調整 余りC
りゅうせいぐん/あくのはどう/だいもんじ/きあいだま

ルカリオ@きあいのタスキ やんちゃ調整(育成記事参照 ①の型)
インファイト/ストーンエッジ/めざ氷/しんそく

アーボック@くろいヘドロ いかく わんぱくHBベース
どくづき/じしん/へびにらみ/すりかえ


まだまだ調整中。
なかなか強パ寄りになってきました。

サザンドラを選出したときは、いかにしてりゅうせいぐんぶっぱ安定の状況を作るかに終始することが多いです。
りゅうせいぐんはやっぱり強いですね…… ストレス解消に最適
レントラーのボルトチェンジから繋いで、安全に降臨しやすかったのも◎
りゅうせいぐんゲーに飽きてきたら、別のポケモンに変えるかもしれません。

リザードンが役割的にサザンドラとやや被ってるので、そのへんもちょっと考え中。

何気にいかく3体。
アーボックはまだあんまり選出できてないので、技構成はまだ試験段階です。
ほのおのキバがほしかったことが何度か。
基本的な役割はいかく撒き&マヒ撒き&サザンドラとの相性補完。
マヒ撒いたあとに たきのぼり、エアスラ、あくのはどう でひるみゲーに持ち込んだりもします。

地面弱点と地面無効が3体ずつなのが何となく気に入ってます。
スポンサーサイト

レントラー軸

とりあえずそこそこ対戦数をこなしたので、
現在使っているパーティを紹介します。

メンバーは ↓

レントラー
ムクホーク
ウルガモス
トリトドン
ルカリオ
クリムガン


タイトルの通り、パーティの中心はレントラーです。
中心っていうか、「レントラーを使おう!」ってところから出発しただけだったりもするんですが……

以下で、それぞれのポケモンの持ち物、技構成、使用感について軽く説明します。
どのポケモンも個別の育成記事があるので、詳しい調整なんかはそちらを参照してください。


レントラー@オボンのみ (ボルトチェンジ/こおりのキバ/ひかりのかべ/どくどく)

いかく撒き、壁張り、毒撒き、他のポケモンを無償降臨させるための生贄……と、幅広い役割を持つこのパーティの主役です。
電気タイプの優秀さと一撃ではまず落ちない耐久力のおかげで、選出は非常にしやすかったです。
相手のパーティに電気技を無効化できるポケモンがいなければ、ほとんど無条件で選出してもいいくらいの安定感でした。様子見性能も高いので、先発率も高し。


ムクホーク@こだわりスカーフ (ブレイブバード/インファイト/とんぼがえり/どくどく)

物理エース兼いかく撒き。レントラーとのコンビのおかげで、ムクホークは無傷でいかくを撒ける点が優秀。
最速100族のスカーフはなかなか速いので、相手にムクホークよりも速いポケモンがいない場合は、いかにムクホークを生き残らせるかが勝利の鍵になります。序盤~中盤はとんぼがえりを繰り返したりして、敵に負担をかけていきましょう。
反対に相手にムクホークより速いポケモンがいる場合は、あんまり大事にとっておく必要はないです。
選出率は高めですが、出すときは基本レントラーとセットでした。

※育成記事の方で「すてみタックルはうちたい場面がなかった」みたいなことを書きましたが、たまにうちたくなるときもありました。どくどくとは好みで選んでよさそうです。


ウルガモス@カゴのみ (だいもんじ/むしのさざめき/ちょうのまい/ねむる)

特殊エース兼耐久キラー。こちらのパーティで一番目を引く存在なので、相手からも警戒されまくります。
そのせいか選出率は意外と低め。
蝶の舞を2回積めれば勝ちが見えるのですが、積むべきか積まないべきかの判断がけっこう難しいポケモンでした。
りゅうせいぐんをうったあとのドラゴンや、ブルンゲルなんかは格好の起点です。
できればレントラーの光の壁から繋いであげたい。


トリトドン@たべのこし (ねっとう/れいとうビーム/どくどく/じこさいせい)

安定神。草技にさえ気をつけていれば仕事ができます。選出率はかなり高め。
というかこのパーティ、トリトドンに負担がかかりすぎてるような気も。うーん……。
ねっとうの追加効果は、出てほしい場面にかぎって出てくれません。


ルカリオ@きあいのタスキ (インファイト/ストーンエッジ/めざめるパワー氷/しんそく)

私が絶大な信頼を寄せるルカリオ部長。育成記事①の、めざ氷ルカリオです。
タスキさえ無駄に潰されなければ仕事はできます。きあいのタスキつえー。
油断して出てきたグライオンにめざ氷をぶち込んだり、積みまくった相手のウルガモスを、エッジで葬るという大事な役割も持っています。


クリムガン@ハバンのみ (ドラゴンクロー/ほのおのキバ/ふいうち/へびにらみ)

いろいろ悩んだ最後の一枠。炎技と先制技を持っていて耐性に優れたポケモンということで、こいつになりました。
クリムガンは個人的には厨ポケです。マヒ撒けて先制技持ちの単ドラゴンタイプとか超優秀ですよ。
相手のパーティに対してレントラーが刺さらない場合、代わりに先発を務めたりすることが多かったです。
持ち物はハバンのみとゴツゴツメットを気分で変えていました。どちらも一長一短。
ハバンのみの方がタイマンで向き合える範囲が広がりますが、ゴツメの方が相手には負担をかけやすくなります。



……各ポケモンの紹介は以上です。
相手のグライオン、エアームドがアホみたいにきつかったので、クリムガンはその2体に有利なポケモンに変更した方が賢明かもしれません。
自分でも何かいいポケモンはいないか考え中なんですが、なかなかよさげな案が思い浮かびません。
こっそりアイディア募集中です。

ボルトチェンジ、とんぼがえりで威嚇をばら撒いたり、弱った相手を毒でじわじわ責めたり、蝶の舞を積みまくったり、ムクホークがブレイブバードで特攻したり、ルカリオが相変わらずイケメンだったりと、使っていてなかなか楽しいパーティでした。

次はラプラスを入れたパーティを考え中です。
最近ポケモンに取れる時間が減っているんですが、のんびり作成したいと思います。

続・現在のパーティについて

そろそろ別のパーティを作ろうかと思います。
わりと勝率がよかったので、せっかくなので各メンバーの使用感をざっとまとめておきます。


クリムガン@ハバンのみ(ドラゴンクロー/ほのおのキバ/ふいうち/へびにらみ)

物理アタッカー。以前に育成記事で紹介した調整です。
弱点が少ないため先発で出ていくことが多く、正直予想以上の活躍をしてくれました。
選出率はたぶんパーティで1番か2番目。
先発で出てきたガブリアスは大抵カモ。げきりん うってみろよ オラ! ゲシゲシ!
特殊竜は無理なので、ラティやサザンドラがいるときは先発で出してはいけません。

スピンロトム@こだわりスカーフ(エアスラッシュ/ボルトチェンジ/めざ氷/トリック)

特殊アタッカー。以前に育成記事で紹介した調整です。
こいつもかなり活躍してくれました。
選出率はクリムガンと並んで1番か2番。体感的にはこいつの方が多かったかな?
スカーフなので小回りが利かないはずなんですが、
大抵ボルチェンで逃げるのでパーティの潤滑油的な役割を果たしていた不思議な子。
従来のロトムより火力と耐久が低めなことに注意。

フシギバナ@くろいヘドロ(ギガドレイン/ヘドロばくだん/めざ炎/やどりぎのタネ)

以前の育成記事で以下略。
耐久寄りの調整ですが、受けと呼べるほどの硬さはないです。
アタッカーと呼べるほどの火力もないんですが、それでも出ればなかなかの活躍してくれました。
やどりぎを撒くのが主な仕事。
そしてやっぱりめざ炎は便利。
選出率はやや低めです。

ルカリオ@きあいのタスキ(インファイト/ストーンエッジ/めざ氷/しんそく)

以前の記事で紹介した、①の型のルカリオですね。めざ氷ルカリオ。
うちのパーティのエースアタッカーで、選出率はたぶん3番目くらい。
襷のおかげで相性を無視して戦えるのが素敵です。
そして襷としんそくの相性が素晴らしい。
波動の勇者の名にふさわしい活躍ぶりでした。波動技は覚えさせていませんが(笑)

ヤドラン@ゴツゴツメット(サイコキネシス/だいもんじ/どくどく/なまける)

以前の記事で紹介した、③の型のヤドランです。
わりと殴れる物理受け。
耐久対策がやや不安だったので、このパーティにはどくどくがあるこの型がベストぽかったです。
意外と弱点が多いので、選出率は思ったよりも高くありませんでした。
しかし選出の際は3タテクラスの活躍をすることもしばしば。
こだわりポケモンになまける連打→ゴツメのダメージで倒すとか日常茶飯事だったので、
持ち物はたべのこしよりゴツゴツメットの方が強そうな気がします。
ときには味方を犠牲にして、特性さいせいりょくを活かすことも大事。ひどっ!

カビゴン@たべのこし(おんがえし/じしん/のろい/あくび)

最後まで定まらなかったラスト一枠。
一応殴れる特殊受けですが、結局どうすればよかったのか、未だによくわかりません(え
そもそも当初の予想に反して選出する機会がほとんどなかったので、
使用感をあまり確かめられなかったという……
格闘ポケモンと強力な物理ポケモンが溢れまくっている昨今、こいつを出すのはなかなか勇気がいりました。
というかパーティにこいつを入れてると大体相手は格闘ポケモンを出してくるので、
じゃあそれを視野に入れて選出しましょうかーって感じ。
相手の選出を縛るって意味で、いる意味は大きかったんだと思います。たぶん。

調整はいわゆる「トビゴン」と「外道カビ」を、技構成をいじったりして使い回していました。
かなり有名な調整なので、気になる方はググってください。


……各ポケモンの紹介は以上です。
いろいろな状況に対応できるパーティだったので、使っていてなかなか楽しかったです。
わりとバランスはいいんじゃないかなと、ひそかに自負していたりもします。
相手にしててきつかったのは氷技持ちの電気ポケモン(特に電気無効の特性持ち)と、りゅうせいぐんをぷっぱなしてくる特殊ドラゴンでしょうか。
あとは耐久ランクルスもきついかな? あんまり当たらなかったけど。
どれもプレイング次第でなんとかなるレベルだと思います。
ただしうっかりクリムガン、スピンロトム、フシギバナなんて選出をしちゃうと、
氷の一貫性がやばいことになるので注意。
一応どのポケモンも不一致弱点くらいでは落ちないので、諦めなければ勝機はあります。

けっこう気に入っているパーティなので、気分転換や勝率が落ち込んだときにまた使いたいと思います。
次のパーティはどうしようかなー。
まだあんまり考えてないです。
プロフィール

にんじん

Author:にんじん
ポケモンBWについてだらだらと書き殴るブログです。

フリー勢。
好きなポケモンを使ってそれなりに勝てればわりと満足。
我ながらなんて志が低い……

砂嵐が舞い龍星群が降り注ぐレートには、最近めっきり行っていません。

中堅~強豪あたりのポケモンを育成することが多いです。
何かの参考にでもなれば幸いですが、調整は鵜呑みにしないことをお勧めします(笑)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。