スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケモンレポート:水タイプの技考察【変化編】

今回で水タイプの技考察は終了です。

次回からは炎タイプの技を考察していく予定……だったんですが、
次回は番外編としてちょっと別の技にスポットを当ててみようかと思っています。
まあ、またそれはまたそのときに。

評価基準は

A:実戦レベルでかなり有用な技
B:実戦レベルで有用な技
C:一応実戦レベルな技。
D:実戦? なにそれおいしいの?

すべてシングルでの評価です。
基準が曖昧なうえに私の主観が入りまくりなので、あんまり当てにはなりません。
失笑まじりに流し読みすることをお忘れなく。

<変化技>

あまごい   評価C
みず/変化/PP5
5ターンの間、天気を雨にする


天候変化パーティと戦ったことがある方ならわかると思うんですが、
その天候用のポケモンを揃えた場合、天気の恩恵は絶大です。
場合によっては相手がメリットを得るだけでなくこちらにデメリットを押し付けてくることもあるので、
対策を怠っているとあっさりやられてしまうこともしばしば。

ようするに天候変化は強いんです。
なのであまごいも有用な技であることには違いないんですが、
あめふらしニョロトノの解禁でその存在価値が薄れてしまいました。
ニョロトノを使えば場に出しただけで雨にでき、しかも効果は永続。
どう考えてもあまごいよりも使いやすいです。正直ぶっ壊れ特性とも思わなくもない。

しかしニョロトノはパーティの枠をひとつ使ってしまう&雨パであることがバレバレという
デメリットがないこともないので、あまごいが使えないということは決してありません。
ニョロトノをパーティに入れた場合でも、保険として雨乞い要因を用意するのもありと言えばあり。

そんなわけで評価はこのくらいです。


アクアリング   評価C-
みず/変化/PP20
毎ターンHPが最大HPの1/16回復する。


正直使いづらいです。
毎ターンHPが1/16回復っていうのはようするにたべのこしと同じ回復量です。
たべのこしのうざさは周知の事実なんですが、技スペース1つと1ターンを消費してまでそれが得たいかと聞かれるとかなり微妙。
地味な回復による確定数ずらしがたべのこしの本領なのに、相手に1ターン与えたら元も子もないじゃんっていう……。
他の回復技であるじこさいせいやねがいごと、ねむる+カゴのみのコンボに比べると、回復量と速攻性の両面で大きく劣ります。
それでも採用する場合は、個人的にはたべのこしとの併用が必須。

交代先にまで効果が継続されれば、また違った評価だったと思います。
でもそうなったら強すぎますね。


みずびたし   評価C-
みず/変化/PP20
相手をみずタイプにする


相手のタイプを変えるというかなり特殊な技。
弱点を突きやすくするよりも、相手のタイプ一致技の威力を落とす目的で使うのがメインかもしれません。
ママンボウによく採用されてるイメージ。雨下のママンボウはかなり鬼畜。
鋼にどくどくが通るようになるのが地味に重要です。


みずあそび   評価D
みず/変化/PP15
この技を使ったポケモンが出ている間、炎タイプの技の威力を半分にする


遊んでる場合じゃねえんだよ!


……こんなところでしょうか。
水タイプの変化技には、そこまで強力なものはありませんね。
ぶっ壊れ性能筆頭の「からをやぶる」はノーマル技だったらしいので、考察はまたの機会に。

ではでは~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にんじん

Author:にんじん
ポケモンBWについてだらだらと書き殴るブログです。

フリー勢。
好きなポケモンを使ってそれなりに勝てればわりと満足。
我ながらなんて志が低い……

砂嵐が舞い龍星群が降り注ぐレートには、最近めっきり行っていません。

中堅~強豪あたりのポケモンを育成することが多いです。
何かの参考にでもなれば幸いですが、調整は鵜呑みにしないことをお勧めします(笑)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。