スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒートロトム育成

FCロトムの中ではウォシュに次いで使用率が高い(と思われる)ヒートロトム。
受けに回ったときの安定性はウォッシュロトムに劣りますが、攻撃性能はこちらが上。
厄介な鋼ポケモンを焼き尽くしてくれる、頼もしい電子レンジです。

そんなわけで我が家のヒートロトム紹介。

スカーフヒートロトム
タイプ:でんき/ほのお
特性:ふゆう
性格:ひかえめ(ちょっぴりみえっぱり)

種族値 H50  A65  B107 C105 D107 S86
個体値 H31  A10  B20  C31  D31  S31
努力値 H244 A―  B―  C116 D―  S148
実数値 H156 A67  B122 C154 D127 S125(スカーフ187)

わざ:オーバーヒート/ボルトチェンジ/めざめるパワー(氷67)/トリック
もちもの:こだわりスカーフ



<調整>

Sを最速バンギラス抜きに調整。
もともとスカーフを持たせるつもりだったので、この調整でスカーフ時に最速116族(エルフーン、ゼブライカ)
まで抜いています。

好みでスカーフ時に最速115族抜きに調整してもOK。
その場合は実数値123、個体値Vの場合は努力値132振りですね。
ただ龍舞後に115族抜き調整をしているギャラドスなんかも多いので、
そういったポケモンも抜けるように若干多めに振っています。

スカーフを手放したあとも最速バンギを抜いていれば、それなりのすばやさを保てますし。
最速バンギ抜きはよくある調整なので、最速バンギ抜き抜き(実数値126~)に調整してもいいかもしれません。

(※ヒートロトムのスカーフは非常に有名でばれやすいので、そのへんは意識して立ち回りましょう)

で、Hに252振り、残りをCに振るつもりだったんですが、
そうするとCが補正込みで152.9となり、切り捨てとなる小数点以下が勿体ないと思ったので、
Hからあと8振って11の倍数に調整し直しました。
これで無駄がなくなってすっきり。
仮想敵を定めているわけではないので、完全な自己満足調整ですね(笑)

この調整だとHが4の倍数になってしまう=ステルスロックのダメージが最大=というかステロ4回で死ぬ
となるので、それが嫌な人はHPをあと1増やすか減らすかしてもいいです。

一応この個体の場合、耐久面は

いじっぱりヘラクロスのストーンエッジ耐え
いじっぱりオノノクスのげきりん耐え

物理耐久はこのくらいはあります。まあ、オノノクスからはじしんが飛んできますけどw
弱点じゃない一致技や不一致ストーンエッジくらいなら大体耐えると、覚えておけばOKです。
メタグロスのコメットパンチに対しては乱5くらいなので、わりと安心して後出しできます。
スカーフしねんのずつきには注意。

特殊耐久は

おくびょうラティオスのりゅせいぐん耐え
ひかえめサザンドラのりゅうせいぐん耐え

どっちもぎりぎり耐えるくらいです。眼鏡を持ってたら無理。
あんまりドラゴンと向き合いたいポケモンでもないんで、あくまで目安程度です。
ようは弱点以外の特殊技は大体耐える、ということですね。

攻撃性能は
オーバーヒートでHDメタグロス確1。
めざめるパワー(氷)は氷4倍ドラゴンに対しては大体乱1~確2(ぎりぎり確1にできません)、
氷2倍ドラゴンに対しては乱2~確3くらいです(無振りオノノクスは確2)。

ドラゴンと向き合うのは基本的に不利なので、めざ氷は終盤体力の減ったドラゴンを落とすためのものと考えてください。序盤はボルトチェンジで逃げましょう。

参考までに理想固体・めざめるパワー氷70のときCに全振りしても、
H4振りガブリアスをめざ氷で確1にはできません(75%で落とせるくらいです)。
相手に負担を与えたいときは、おとなしく眼鏡でも使いましょう。
(Cに全振りすればすべての無振りドラゴンをめざ氷で確2までには持っていけるので、
そこまで無駄というわけではないです)


個人的にはロトムはHに全振りが基本になっています。
種族値の関係上Hに振るのと振らないのでは、硬さがまったく違ってくるので。
そしてSもできればある程度はほしい。
4振りロトム抜き調整をしてくるポケモンはそこそこいるので、最低でもその連中には抜かれないように、
無振りだけは避けたいところです。

耐久とすばやさに振り終わったら、余りをCに。
そんな感じで調整すると、わりと使いやすいロトムになる気がします。


<技構成>

技構成は特に捻るところもなく、これで確定です。
スカーフボルトチェンジが非常に便利です。
10まんボルトがほしいと思う場面もありましたが、それでもボルトチェンジを抜くほどではありません。
とんぼがえり持ちのポケモンと一緒に使うと強いので、
私の場合は以前紹介した鉢巻ハッサムと組ませることが多いですね。
ボルトチェンジと10まんボルト(orかみなり)の両立ももちろんあり。
めざめるパワーを粘るのが面倒な人は、試してみてもいいかもしれません。

……こんなところでしょうか。
ロトムは調整次第で様々な仮想敵を相手にできるので、育てていて楽しいポケモンです。
パーティで苦手なポケモンがいる場合は、そのポケモンを的にして調整してみても面白いかもしれません。
今回はかなりアバウトな調整でしたが、何かの参考になれば幸いです。
このロトムは技構成や持ち物を変えればウォッシュロトム、カットロトムにしてもそこそこ活躍できるので、
そういった意味でも気に入っています(笑)

ではでは~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にんじん

Author:にんじん
ポケモンBWについてだらだらと書き殴るブログです。

フリー勢。
好きなポケモンを使ってそれなりに勝てればわりと満足。
我ながらなんて志が低い……

砂嵐が舞い龍星群が降り注ぐレートには、最近めっきり行っていません。

中堅~強豪あたりのポケモンを育成することが多いです。
何かの参考にでもなれば幸いですが、調整は鵜呑みにしないことをお勧めします(笑)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。