スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムクホーク育成

今回の育成記事は、序盤鳥最強と名高いこの子です。
現在の私のパーティのエース。
タイプがひこう/かくとうだったらさらに最強だったのに。惜しい。

そんなわけで型紹介。


スカーフムクホーク
タイプ:ノーマル/ひこう
特性:いかく
性格:ようき(ちょっぴりみえっぱり)♀

種族値 H85  A120 B70  C50  D50  S100
個体値 H31  A27  B31  C30  D31  S31
努力値 H4  A252 B―  C―  D―  S252
実数値 H161 A170 B90  C63  D70  S167(スカーフ250)

わざ:ブレイブバード/インファイト/とんぼがえり/どくどく
もちもの:こだわりスカーフ


<調整>
特に調整することもなくASぶっぱです。
アタッカーにするなら細かい調整はいらないと思います。

一応理想固体の場合、Bに92振れば威嚇込みでローブシンのエッジ+マッパを確定で耐えますが、
努力値がかかりすぎるのでいらないでしょう。
防御面に無振りでも、強化アイテムなしの不一致岩技は威嚇のおかげで一発は耐えてくれます。

育成する際のポイントは性格。これは激しくようき推奨です。
今の環境はすばやさの上限が上がっているので、いじっぱりだと安定しません。
蝶舞い読みでウルガモスに後出しして、相手が最速じゃないことを祈ってブレイブバードとかよくやりますし。
(けっこう危険な一手ですが;)

すばやさに特化することで、相手より速いか遅いかが判断しやすくなるのも重要。

物理面は威嚇のおかげでそこそこ固いですが、特殊面は紙なので注意。他のメンバーで補いましょう。


<技構成>
ブレイブバード、インファイト、とんぼがえりまでは確定。
どれもこれも便利すぎます。

この3つの技があれば大体の場面は大丈夫なので、残る一枠は耐久全般に通るどくどく。
こだわりかつ紙耐久なのでうつのはなかなか勇気がいりますが、交代読みで刺さるとおいしいです。
「技構成に困ったらどくどく」はポケモンの真理。
一致120技のすてみタックルは、うちたい場面がありませんでした。


<使用感>
強いです。さすが序盤鳥最強。そしてノーマル/ひこう最強候補。

トゲキッス「呼んだ?」

呼んでないです。

なかなか扱いやすいので、初心者さんにもおすすめ。

対戦序盤はとんぼで逃げ、終盤は速さと火力で全抜きを狙うのが基本スタイルですね。
現環境は飛行技がよく刺さるのでさらにおすすめです。

使用上の注意としては、とんぼがえりを使うか普通に交代するかどうかの見極めが意外と重要でした。
たとえば130族のクロバットなんかと対峙したとき。
こちらはスカーフなので抜けるんですが、とんぼがえりをうってしまうとスカーフがバレます。
クロバットに虫技はほとんど効きませんし、タスキを持っている可能性も低いので、
ここでとんぼがえりをうつメリットはあまりありません。
スカーフを隠すか、少しでもダメージを与えるか、それともブレバで突っ込むか……。
このあたりの選択が楽しかったです。

相手のラスト一匹をブレイブバードで倒し、
反動でこちらのHPも0になった瞬間のムクホークはイケメンすぎます。
まさにくせになるカッコよさ。惚れる。

ムクホーク単品でも十分強いんですが、
あとで紹介するレントラーとの相性が抜群でした。
というかレントラーの紹介をするために、先にムクホークの紹介をした感じ。
なんだか前座っぽい扱いでごめんなさい。
ごめんよムクホーク……
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にんじん

Author:にんじん
ポケモンBWについてだらだらと書き殴るブログです。

フリー勢。
好きなポケモンを使ってそれなりに勝てればわりと満足。
我ながらなんて志が低い……

砂嵐が舞い龍星群が降り注ぐレートには、最近めっきり行っていません。

中堅~強豪あたりのポケモンを育成することが多いです。
何かの参考にでもなれば幸いですが、調整は鵜呑みにしないことをお勧めします(笑)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。