スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レントラー育成

そんなわけで最近惚れてるレントラーの紹介です。
けっこう自信作。


サポートレントラー
タイプ:でんき
特性:いかく
性格:なまいき(イタズラがすき)♀

種族値 H80  A120 B79  C95  D79  S70
個体値 H29  A25  B31  C31  D31  S15
努力値 H252 A―  B4  C―  D252 S―
実数値 H186 A137 B100 C115 D144 S73

わざ:ボルトチェンジ/こおりのキバ/ひかりのかべ/どくどく
もちもの:オボンのみ



その名の通りサポート型のレントラーです。
いくつか型を試したんですが、レントラーの 中途半端な バランスのいい種族値を活かすのは、
今のところこれがベストだと思っています。

<調整>
HD特化です。性格はDが上がってSが下がるなまいき。

通常Sを下げることはデメリットですが、この型の場合はメリットにもなります。
なぜなら後攻でボルトチェンジを決めて、こちらの後続を無償降臨させやすくなるから。

安定して後攻ボルトチェンジを成功させるためには最鈍がいいんですが、
どのみち鈍足ポケモンたちには後攻を取られてしまうので、だったら多少は速い方がいい。
このへんは調整が難しいですね。
理想は「耐久ポケモンには先手を取れてアタッカーポケモンには後攻になる」くらいなんですけど、
かなり個人の好みに依ると思います。
4振り55族抜きの実数値77くらいがベターでしょうか。


威嚇とD特化のおかげで、耐久は物理特殊ともにかなり高めです。

○物理耐久

・ようきガブリアスのじしん威嚇込みで確2(ダメージ:73.6~87%)

→アイテムなしの場合、ほぼすべての一致じしん、不一致じしんを耐える

・A特化ギャラドスのじしん威嚇、オボン込みで確3(ダメージ:52.6~62.3%)

→A種族値125までの不一致じしんなら2回耐える(A種族値130以上の場合は乱数耐え)

○特殊耐久

・おくびょうラティオスの眼鏡りゅうせいぐんを確定で耐える
・ひかえめサザンドラの眼鏡りゅうせいぐんを超高乱数で耐える(理想固体の場合最高乱数以外耐える)

→特殊技一発ではまず落ちない

つまり物理技だろうと特殊技だろうと一発ではまず落ちないくらいの耐久があることがわかります。
物理ポケモンに後出しされたときは威嚇が入らないので、その点だけは注意しましょう。

ちなみに持ち物はオボンのみで確定。
持たせると確定数がズレまくり、非常に長生きするようになります。
このレントラーとは相性抜群。おすすめです。


<技構成>
技構成はボルトチェンジ、こおりのキバ、ひかりのかべまでは確定。
残りの一枠が選択肢です。
技をひとつずつ見ていきましょう。

ボルトチェンジ
この型のレントラーには必須。10まんボルトより優先度が高いです。
性格をなまいきにすることで後攻ボルトチェンジが決めやすくなり、こちらの後続を無償降臨できます。

前回の育成記事で紹介したムクホークと組み合わせて、

レントラーのいかく→レントラー後攻でボルトチェンジ
→ムクホークのいかく→ムクホーク先攻でとんぼがえり
→レントラーのいかく……

という流れが強力です。うまく決まると相手の物理アタッカーをヘロヘロにできます。
そして攻撃は耐久が高めのレントラーがすべて受け止めているため、ムクホークは無傷を保てるのもポイント。
レントラーの唯一の弱点である地面タイプをムクホークが無効化できることもあって、
この2体の相性は抜群です。

こおりのキバ
電気におなじみの相性補完。めざめるパワーみたいなものだと思ってください。
これがないとドラゴンや地面タイプに圧力をかけられないので必須です。
弱点を突いても半分も削れないことも多いので注意。
そもそもこのレントラーは、真正面から殴り合うのは苦手です。
こおりのキバを採用する理由は、ドラゴンに起点にされるのを防ぐためです。

ひかりのかべ
パーティ全体の特殊耐久を補強できる便利な技。
特殊ドラゴンと対峙したときに張れば、

りゅうせいぐん耐える→ひかりのかべ、オボン込みで次のりゅうせいぐんも耐える

ということが可能になります。

威嚇と壁張りでこちらの耐久を確保
→ボルトチェンジから後続を無償降臨
→後続が安全に積み技

みたいな流れが理想ですね。
ムクホークの他にも、このレントラーは積み技を持つポケモンとも相性がいいです。

それからひかりのかべを張るからといって、持ち物を光の粘土にするのはあまりおすすめしません。
相手のパーティ次第では壁を張らないことも多いので、無駄にならないオボンのみの方が便利です。

……技はここまでが確定枠。
最後の一枠は選択なので、その候補を見ていきましょう。

どくどく
必殺「迷ったらどくどく」
正直なかなか便利です。耐久全般に通るので、対応できる範囲がぐっと広くなります。
威嚇と壁のおかげでターン数を稼ぐのは得意なので、
アタッカーに当たってもそんなに無駄にはなりません。
ボルトチェンジをうちたくなくて、「とりあえず居座りたい」ときにも便利。
個人的にはこれをおすすめします。

でんじは
地面タイプにますます弱くなりますが、やっぱりあれば便利。
アタッカーをほぼ機能停止にできます。
ただしエースはラムのみを持っていることも多いので注意。
私はそれが怖くて採用を見送りました;
あとはでんじはを当てると後攻ボルトチェンジは成立しなくなるので、
後続はそこそこ固めのポケモンにしましょう。

ばかぢから
HGSSを持っている人用。
素のこうげきが高いので、けっこう使いどころはあると思います。

ほのおのキバ
役割的にはばかぢからと似ています。
こちらはより範囲が狭く、ハッサム・ナットレイピンポイント。
不利な相手からは逃げるポケモンなので、全然ありうる選択だと思います。

でんこうせっか
実際に何度かほしい場面がありました。
ですが火力には期待できないので、タスキ・頑丈潰しピンポイントになります。
パーティに先制技が少ないときに。

めざめるパワー(草)
水地面ピンポイント。本来なら手も足も出ない相手に立ち向かえるので、これもありです。

10まんボルト、かみなり
ボルトチェンジは便利ですが、「下がらずに殴りたい」というときもやっぱりあるので。
ボルトチェンジではギャラドスが乱1ですが10まんボルトなら確1。
10まんボルトではスターミーが乱1ですがかみなりなら確1。
各技の火力はそんな感じです。
ちなみに私は一時期かみなりを採用していましたが、命中が怖くてほとんどうてませんでした;

※ワイルドボルトは反動が痛いので、この型の候補からは外しています。

……技の候補はこんな感じでしょうか。
4つ目の枠にはどれを入れても違った味が出るので、かなり悩み甲斐があるポケモンだと思います。


<使用感>
思いのほか使いやすくて強かったです。

しかし単体で活躍するポケモンではなく、
パーティ単位で考えて初めて強さを発揮するポケモンだと思います。

なのでその強さが伝えづらいのがもどかしいです。

基本的な仕事はエースの補助。
他のポケモンが動きやすいように威嚇を撒いたり壁を張ったり、その身で攻撃を受けとめたりします(ひどい

繰り出すだけで相手の攻撃を一段階下げてくれる威嚇は非常に便利なので、大事に扱ってあげましょう。
地味ながら勝利に貢献してくれる、縁の下の力持ち的なレントラーの魅力に、
最近の私はすっかり参っています。

次はこんじょう型を研究したいです。
ではでは~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 こんにちは。やっぱり威嚇優秀ですね~自分も根性レントラーを使ってみましたが、威嚇ほしいな~と思うことがしばしばありました。襷で耐えられて地震とかあったので・・・自分もこの子カッコイイと思うので活躍させてあげたいです!!

 

モリソンさんこんにちは!
威嚇は自分が思ってた以上に強い特性でしたね~

根性も威嚇も優秀な特性なので、レントラーはなかなか恵まれていると思います!
闘争心は相手への依存が激しいですが・・・ ^^;

もちろん見た目も恵まれてます!(笑)
プロフィール

にんじん

Author:にんじん
ポケモンBWについてだらだらと書き殴るブログです。

フリー勢。
好きなポケモンを使ってそれなりに勝てればわりと満足。
我ながらなんて志が低い……

砂嵐が舞い龍星群が降り注ぐレートには、最近めっきり行っていません。

中堅~強豪あたりのポケモンを育成することが多いです。
何かの参考にでもなれば幸いですが、調整は鵜呑みにしないことをお勧めします(笑)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。