スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミロカロス育成

美しい……ハッ!

「一番好きなポケモンは?」と訊かれたら、迷わずこいつの名前を挙げます。
もっとも美しいとされているポケモン、ミロカロスです。
私とミロカロスとの出会いはルビサファ時代の頃で、ジムリーダーのミクリ(だっけ?)の切り札として出てきたこいつに、一発で心を奪われました。う、美しい……ハッ!
そして見惚れていた隙にボコボコにされましたね。
なんだこいつ硬すぎだろw 電気技でもHP減らねえww うお、しかも再生したwww ちょ、おま、やめ……

……全滅しました。
金銀でどっかのジムリーダーのミルタンクにボコボコにされた経験と同様、今となってはいい思い出です。

さて。
前世代までは強ポケの一角だったミロカロスですが、最近ではめっきり数が減りましたね。
理由はいろいろ考えられますが、一番の原因はあいつでしょう。

スイクン

ミロカロスを育成する上での大きな壁。スイクンの厳選難度が下がったこともあって、ミロカロスは第5世代ではガチ環境からはほぼ駆逐されてしまいました。

スイクンと比較した場合、ミロカロスの大きな利点は

・じこさいせい
・さいみんじゅつ

……でしょうか。
差別化を強く意識するなら、正直さいみんじゅつは必須レベルだと思います。

しかし私はあくび以外の催眠技は使わないというよくわからない自分ルールを設けているので、さいみんじゅつなしで育成してみました。
(※催眠についての個人的な考えは、そのうちどこかでまとめるかもしれません)

とりあえず、我が家のミロカロス紹介。

バランス型ミロカロス
タイプ:みず
特性:ふしぎなうろこ
性格:ひかえめ(ものおとにびんかん)♀

種族値 H95  A60  B79  C100 D125 S81
個体値 H29  A13  B26  C30  D31  S31
努力値 H172 A―  B168 C104 D4  S60
実数値 H191 A63  B118 C146 D146 S109

<わざ>ハイドロポンプ/れいとうビーム/じこさいせい/どくどくorめざめるパワー(草68)
<もちもの>オボンのみ


受けにしては中途半端な耐久、アタッカーにしては中途半端な特攻……その名もバランス型ミロカロス(笑)
育てたのがけっこう前なので細かい調整内容はあんまり覚えてないんですが、たしか

Sを4振りロトム抜き抜き(4振りドリュウズ抜き)
Cをれいとうビームで201ガブリアス確1

まで確保して、残りを耐久に割り振りました。耐久面は

Bようきガブの鉢巻げきりん耐え
D珠サンダースの10まんボルト耐え、ひかえめサザンドラの眼鏡りゅうせいぐん耐え

くらいです。どの場合でも最大乱数を引いてもHPが5くらい残ります。
ようするに滅多なことでは一撃で落ちない程度の耐久を確保しています。不一致弱点くらいなら大体耐えますね。
(ちなみにHPは16n-1に調整して、天候・状態異常ダメージを最小にしています)

育成の際の目標が「ほとんどのポケモンと五分以上に戦えるポケモンを作る」だった気がするので、
こんな感じの調整になっています。
欲を言えば物理面はりゅうまいオノノクスのげきりんを耐えたかったのですが、そうすると特攻を削ることになるので断念しました。
Cがこのくらい確保できていれば、ハイドロポンプでかなりの圧力をかけることができるので。

技はハイドロポンプ、れいとうビーム、じこさいせいまでは一応確定です。

ハイドロポンプは好みでなみのり、ねっとうに変更しても構いませんが、ここまで特攻に振る場合はドロポンが一番いいかと。なみのりやねっとうは耐久重視の型で使いましょう。
H振りグロスはハイドロポンプで高乱2発(94.9%)なので、ちょっとやそっとの耐久力では受けきれません。グロスはHDの方が多そうだというのは黙っておきます。

最後の一枠については、この子の場合はどくどくかめざめるパワー(草)の選択で。
めざ草はH振り水ロトムが確定3発、相手がオボンなら4発になってしまうので、ほぼ水地面ポケモン専用です。
4倍弱点をついても大抵確1にできないのですが、相手はたぶんびっくりします。
ミロカロスの前にはナットレイが降臨することがかなり多かったので、めざ炎の方が実用性はあるなと感じました。めざ炎ミロカロスは、そのうち育ててみたいです。

対してどくどくは非常に使い勝手がよかったですね。受けポケモンに入れば機能停止ですし、仮にアタッカーに入ったとしても、じこさいせいを繰り返すミロカロスを数手で狩れるポケモンはあまりいないので、かなりの一貫性を誇っていました。
毒ダメが入らないランクルスは、相手がめいそう型じゃないかぎり、ハイドロポンプで殴り勝てます。
……というか、めいそう型ランクルス超強いですよね。自分も一匹持っていますが、安定感が尋常じゃないです。めいそう積みまくった末に3タテもザラ。なんなのあいつ……。

いろいろ考察の余地がある最後の一枠ですが、一貫性という意味なら、一番強力なのはさいみんじゅつで間違いないでしょう。2回もうてれば1回は当たるので、眠った隙に有利なポケモンに交代しましょう。

持ち物はオボンのみ。これはわりと確定です。
交代出しが安定しますし、確定数が変動しやすいので。オボン持ちのミロカロスはタイマンでかなりのポケモンに勝利できるので、迷ったときの先発なんかに向いています。

このバランス型(笑)ミロカロスは、特化している部分がないいろいろと中途半端な調整です。
ですが当初の目標だった「ほとんどのポケモンと五分以上に戦えるポケモンを作る」は、わりと達成できている気がします。(相性絶望的な相手なんかは、もちろん無理ですが……)
バランス型なので、相手の苦手な部分を突いて戦うのが基本戦術になります。
殴り勝てそうな相手にはハイドロポンプ、泥沼耐久型にはどくどく&じこさいせい。
ドラゴンには当然れいとうビームですね。
びっくりするほど強くはありませんが、使っていて普通に強いです。
意外なところで耐え、意外な火力を発揮し、選出した際には毎回それなりの活躍をしてくれます。
水タイプの恵まれた耐性もあって、安定感はかなりのものです。
数値的に「スイクンでやれ」と言われそうな気がする調整ですが、じこさいせいはあると便利ですよ、やっぱり。
それに私、スイクン持っていないので……
ていうか何より、ミロカロス大好きなんで。

「ミロカロス? お前の時代はもう終わっただろ? 劣化スイクンワロタwww」
と舐めてかかってきた連中に、「いやいや、実は自分、まだまだ普通に強いんすよ」とドヤ顔で言うのがミロカロスのアイデンティティ。
まだまだ研究・調整の余地があるポケモンだと思うので、いろいろ可能性を探っていきたいです。

長くなりましたがこのへんで。ではでは~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にんじん

Author:にんじん
ポケモンBWについてだらだらと書き殴るブログです。

フリー勢。
好きなポケモンを使ってそれなりに勝てればわりと満足。
我ながらなんて志が低い……

砂嵐が舞い龍星群が降り注ぐレートには、最近めっきり行っていません。

中堅~強豪あたりのポケモンを育成することが多いです。
何かの参考にでもなれば幸いですが、調整は鵜呑みにしないことをお勧めします(笑)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。