スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルカリオ育成

映画の主役にもなった鋼の勇者。いや違う。波動の勇者ルカリオ。
主人公っぽいルックスと厨二臭い二つ名がカコイイ。
勇者であるにもかかわらず悪の波動を覚えるところとかが素敵です。
かなり好きなポケモンですね。

イケメンな見た目に相応しく、ステータスもなかなかに優秀。
攻撃面は物理・特殊ともに高めで、すばやさもそこそこ。
一方耐久面は若干微妙。タイプはかくとう/はがねと耐性では恵まれていますが、防御はわりと貧弱なので等倍でもけっこう危険です。

攻撃も特攻も優れたルカリオは型が豊富です。
物理アタッカー、特殊アタッカー、両刀アタッカー……技の選択肢も多いので、とても1体ですべてを語りつくすことはできません。
なのでとりあえず3体ほど育ててみました。今回は一気に3体のルカリオを紹介します。
……と言っても実戦で使用したのは、まだ最初の1体だけなんですが^^;
残りの2体はどんなパーティに入れるべきか悩み中で、育成したはいいけど使っていません。
なので使用感とか教えていただけると助かったりします(笑)

聞くところによるとルカリオは「真性両刀」らしいので、今回育てたルカリオはすべて両刀です。
そのうちいじっぱりの物理アタッカーを作ろうかなーと考え中。
ともあれ型紹介です。

①めざ氷ルカリオ
タイプ:かくとう/はがね
特性:せいしんりょく
性格:やんちゃ(ものおとにびんかん)♀

種族値 H70  A110 B70  C115 D70  S90
個体値 H8  A29  B22  C31  D31  S31
努力値 H―  A252 B―  C140 D―  S116
実数値 H134 A177 B86  C153 D81  S125

<わざ>インファイト/ストーンエッジ/しんそく/めざめるパワー(氷68)
<もちもの>きあいのタスキ


現在パーティで使用しているルカリオです。
Hの個体値が死んでますが、タスキを持たせてるのでそんなに問題ではありません。
きあいのタスキつえー。

調整は
Aに全振り。(物理特化ハピナスをインファイトで超高乱確1。ヨプカウンターに注意)
Cに振って、めざ氷+しんそくで201ガブリアスを両方最低乱数を引かない限り落とせます。めざ氷70かつ理想固体の場合は確定にできるんですが、まあこのくらいあれば問題ないです。205ガブとかはどのみち乱数だし。
残りをSに振り、最速バンギラス抜きまで実現。このくらいのすばやさが確保できれば使いやすいです。

技構成はインファイト、しんそく、めざ氷までは確定。
タスキのおかげで耐久を気にせずインファイトを放てるのがおいしいです。きあいのタスキつえー(2回目)
ストーンエッジは一応あくのはどうあたりと選択なんですが、補正もかかっていないあくのはどうはやや威力不足。
弱点をついても確1にはできません。ヤドランに立ち向かえるのが利点と言えば利点でしょうか。(あくのはどうで中乱2)
命中不安定ですが、威力や相性補完的にもエッジの方が優れていると思います。

タスキは強力ですがタスキを潰してでも繰り出した方がいい場面はあるので、そのへんはしっかり見極めましょう。
とはいえ耐久は低いので、繰り出しにはそれなりのリスクを伴います。
悪技、岩技、どくどく読みで出せれば理想的ですね。
めざ氷のおかげでドラゴンとのタイマンもこなせるので、使い勝手のいいルカリオだと思います。

②剣の舞ルカリオ
タイプ:かくとう/はがね
特性:ふくつのこころ
性格:やんちゃ(ひるねをよくする)♂

種族値 H70  A110 B70  C115 D70  S90
個体値 H31 A31  B27  C31  D30  S22
努力値 H188 A252 B36  C―  D―  S32
実数値 H169 A178 B93  C135 D81  S110

<わざ>インファイト/しんそく/あくのはどう/つるぎのまい
<もちもの>いのちのたま


剣の舞を搭載しているにも関わらず両刀。やんちゃでいい個体が生まれたので……。
命の珠を持たせてもあくのはどうでゲンガー、シャンデラは確2なので、どう見てもストーンエッジの方がよさげ。だったらいじっぱりでいいじゃんっていう……。
一応あくのはどうではなくサイコキネシスなら、H4振りゲンガーを高乱数1発にできます。タスキの可能性も高いですけど。
かろうじて両刀なので、やけどで機能停止しないというメリットもなきにしもあらず。でもやっぱり、素直に物理一本にした方がいいかも。

調整は

Hを10n-1にして命の珠のダメージを最小に。
Bに多少振ってようきガブリアスのげきりん×2と珠ダメージ1回分を高乱数で耐えます。理想固体なら確定耐えですね。なのでげきりんに対する後出しからのインファ→しんそくでそれなりに負担をかけることができます。それなりっていうか、相手が耐久調整をしてなかったら落とせますね。
Dはひかえめサザンドラの眼鏡りゅうせいぐんをかろうじて耐えるくらい。半減でかろうじてって、どんだけー。
おくびょうラティオスの眼鏡りゅうせいぐんはもうちょっと余裕を持って耐えてくれるので、あくのはどう→しんそくの流れで高乱数で落とせます。(りゅうせいぐん後に珠ダメージ分を耐えるかどうかも高乱数。乱数頼りなので安定はしません。このへんは調整すればよかったかも)
しかしこう考えると、あくのはどうは意外と無駄というわけではなさそうです。
Sの個体値が微妙なので、努力値で補って4振りロトム抜き抜き抜きくらいを確保。よく見たら無振り90族と同速でした。90族同士の対面では抜かれるものと思った方が良さそうです。
理想固体の場合はSを調整するか、そのぶんを耐久、火力に回すことができますね。
ラティオスの眼鏡りゅうせいぐんを珠ダメージ込みで確定耐え、あくのはどう+しんそくで確定で落とせるよう調整すれば、なかなか使いやすくなりそうです。
……と思ったんですけど、普通に眼鏡サイキネあたりで落とされますね。なので対面から立ち向かうのは無理っぽいです。やっぱり火力か素早さに振るのが正解かな。

剣の舞からのしんそく連打がこの型の真骨頂なので、そこで暴れてくれることを期待。
まだ使ってないんですけど。

③命の珠ルカリオ
タイプ:かくとう/はがね
特性:せいしんりょく
性格:せっかち(うたれづよい)♂

種族値 H70  A110 B70  C115 D70  S90
個体値 H23 A26  B31  C31  D29  S31
努力値 H4  A248 B―  C4  D―  S252
実数値 H142 A159 B81  C136 D89  S156

<わざ>インファイト/ストーンエッジ/しんそく/あくのはどう
<もちもの>いのちのたま


ラストは命の珠ルカリオ。
さっきの子も命の珠持ちだったことはスルーで。
育てるつもりはなかったんですが、せっかちでけっこういい個体が生まれたので。
受けたい相手を考えたら、せっかちよりむじゃきの方がいい気もするんですが、そのへんもスルー推奨です。

細かい調整とかはありません。基本的にASぶっぱ。余りをCとHに。
Sは無補正最速103族まで抜けるので、一応いじっぱりガブリアスは抜けますね。そんなやつ見たことないですが……

補正がかかっていない火力を補うために、持ち物には命の珠必須。耐性を活かして相手の攻撃を1度耐えれば、死に際のしんそくでそれなりに負担を与えられます。

技構成は一応確定。対格闘を意識するなら、サイコキネシスも候補かな?
ドラゴン対策のめざ氷なども、パーティと相談して入れてください。
いろいろ足りていない気がする型ですが、そのうち使ってみようと思います。
どうなんだろうこいつ。うーん……。


以上で3体分の紹介終了です。
先ほども言ったように今のところ実戦で使用したのは①のルカリオだけなので、下2体の実力は未知数。
反面①ルカリオの使いやすさは保証しておきます。
というかきあいのタスキとルカリオの相性が抜群です。
やはりタスキは先制技持ちのポケモンに持たせてこそ、効果を十二分に活用できますね。
きあいのタスキつえー(3回目)

まだ使用していない下2体の使用感も、いずれ追記できたらなーと思います。
ではでは~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にんじん

Author:にんじん
ポケモンBWについてだらだらと書き殴るブログです。

フリー勢。
好きなポケモンを使ってそれなりに勝てればわりと満足。
我ながらなんて志が低い……

砂嵐が舞い龍星群が降り注ぐレートには、最近めっきり行っていません。

中堅~強豪あたりのポケモンを育成することが多いです。
何かの参考にでもなれば幸いですが、調整は鵜呑みにしないことをお勧めします(笑)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。