スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハッサム育成~HGSSがないあなたに~

「ハッサムよ、私に勝利を見せてくれ……!」

そんなわけでハッサムの育成。ニックネームはエピオンです。

余談ですが私はパーティを組む場合、最低でも1体は鋼タイプを入れます。
理由はドラゴンタイプの技を半減するため。
パーティに鋼タイプがいないとりゅうせいぐんやげきりんを躊躇なくうたれてしまうので、
よほど腕に自信のある方以外は、6体中1体は鋼タイプを採用するべきだと考えています。

そしてハッサムはなみいる鋼タイプの中でもかなり優秀な部類のポケモンです。

まず弱点が炎タイプだけという点が素晴らしく、むし/はがねという複合タイプのおかげで、耐性面で非常に恵まれています。
攻撃種族値も130と高水準で、特性テクニシャンのおかげで最高火力のバレットパンチを放てます。
攻守ともにバランスがいいので、調整し甲斐のあるポケモンだと思います。

さて。
ハッサムを育成する際にかなり優先度が高いのが

・はねやすめ
・ばかぢから
・むしくい

という3つの技なのですが、これらのすごく便利そうな技は前作HGSSを持っていなければ覚えさせることができません。そしてBWから本格的な育成を始めた私は、当然のようにHGSSを持っていないのです。

「なんてこった! これじゃあ机上論ハッサム(※)が作れない!」(※ググりましょう)

一度はハッサム育成を諦めかけていた私でしたが、それでもどうしても育てたかったので、前作の技マシン・教え技なしで育成しました。そうして出来たのがこちら。

ぶきようハッサム
タイプ:むし/はがね
特性:テクニシャン
性格:いじっぱり(ものおとにびんかん)♂

種族値 H70 A130 B100 C55 D80 S65
個体値 H31 A31  B23  C27 D29 S31
努力値 H252 A164 B―  C― D92 S―
実数値 H177 A188 B116 C65 D111 S85

<わざ>バレットパンチ/とんぼがえり/おいうち/どくどく
<もちもの>こだわりハチマキ


いわゆる鉢巻ハッサム。
序盤は火力の上がったとんぼがえりで交代先に負担を与え、終盤のバレットパンチで敵を殲滅する型です。
パーティを組む際にボルトチェンジを覚えさせたポケモンを一緒に入れると、とんぼがえり→ボルトチェンジの連打でかく乱ができます。フォルムチェンジロトムなんかがオススメ。

調整は

H全振り
Dはおくびょうラティオスの眼鏡りゅうせいぐんを1.5発耐え(つまり2回耐える。ひかえめとかは知らない) 
ひかえめサザンドラの眼鏡りゅうせいぐんも高乱数で1.5発分耐えるので、相手がこだわりだとわかっていれば一応繰り出しは可能です。でもこだわっていなかったらだいもんじが飛んでくるためけっこう危険です。
Aを鉢巻おいうちで交代際のラティオス確1。一応H4振りラティアスも確1です。ラティアスのメジャーな調整先とか知らないんですけど。

見てもらえばわかる通り、ラティオスを後出しからのおいうちで狩ることに重点を置いています。そのためのこだわりハチマキですね。
ラティオスの討伐率はかなりのもので、りゅうせいぐん読み後出し→おいうちの流れは高確率で決まります。(ハッサムのおいうちは、なぜかあまり警戒されていない感じ。他に有用な技が多いからかな?)
相手が逃げずに突っ張ってきた場合も

ハッサムLv50 → H4振りラティオスLv50
威力:60 あく/物理
攻撃:188 (防御:100 HP:156)
倍率:2*1
ダメージ:129~152 [確定2]
(割合:82.6~97.4%)

ハッサムLv50 → H4振りラティアスLv50
威力:60 あく/物理
攻撃:188 (防御:110 HP:156)
倍率:2*1
ダメージ:119~140 [確定2]
(割合:76.2~89.7%)

となるので、相当な負担を強いることができます。
ただし相手がこだわっていなくてめざ炎を搭載していたらどうしようもないので、その場合は潔く負けを認めましょう(え

技構成はバレットパンチ、とんぼがえり、おいうちは確定。
さんざん悩んだ最後の一枠は、自分の中ではどくどくで決定しました。
つばめがえしやシザークロスも試したんですが、それらの技をうちたい場面が非常に限られていて、そもそも攻撃技は上記の3つで事足りることがほとんどだったので、耐久全般に通るどくどくを選択。これが予想外のヒットでした。
こだわりアイテムとどくどくはアンチシナジーですが、ハッサムは耐性のおかげで繰り出しやすいので、毒を撒く役割に適しています。撒いたあとは交代しなければならなくなるので、他のメンバーにも耐久が高めのポケモンを用意したいですね。

ラティを狩りたい、毒を撒きたいと考えるなら持ち物はこだわりハチマキではなくあくのジュエルにした方が小回りが利くのですが、そうすると本来の役目である「とんぼがえりで負担をかけていくこと」がこなせなくなるので、多少使いにくくても鉢巻推奨です。どくどくを採用したゆえの不便さは、読みとプレイングでカバーしましょう。

(念のためもう一度書いておきますが、私は前作HGSSを持っていないので、教え技を選択肢に入れることができません。環境が整っている方は、「ばかぢから」の採用なんかも候補に挙がるかと思われます)

若干不器用な感じが漂いつつも、この型のハッサムはかなり強かったです。パーティで鋼枠に迷ったときは、とりあえず入れとけってくらいの安定感があります。

一応理想固体の場合、ラティオスを意識したときに有用だと思われる努力値調整は

H 努力値252(実数値177)
D 努力値60(実数値108)

これでおくびょうラティオスの眼鏡りゅうせいぐん1.5発耐え

A 努力値44(実数値171 ※性格補正込み)

これでH4振りラティオスを交代際の鉢巻おいうちで確殺です。

余った努力値は152。これだけあればいろいろ調整できるので、好きなように振りましょう。
Aにぶっぱしてバレパンととんぼがえりの火力を上げるか、耐久に振って安定感を上げるかはお好みで。
4振り70族が抜ける程度にSを調整してあげれば、使いやすさが増すかもしれません。
それとせっかく鉢巻を持たせるので、Aの実数値は偶数にしておきましょう。奇数だと数値が0.5だけ無駄になります。まあ、あんまり気にしなくていいところですけど^^;

参考までに私の努力値調整の意図は、Aを11の倍数にしようと思い実数値187に。(補正がかかっているステータスは実数値を11の倍数にすると、小数点の切り捨てが起きないので少しお得な気分になります。この場合は170×1.1=187.0)
しかしこのままだと鉢巻を持たせたときに無駄が出るので、あと1上げて実数値188に。(Aの個体値がVなら努力値164振り)
で、残りをDにぷっぱですね。
明確な仮想敵を定めたわけではないので、あんまり当てにしてはいけません。

HGSSなしで育成した我が家のハッサム。
当初は羽休めを覚えさせたハッサムを育てたかったんですが、今はこいつで満足しています。
やや使いづらいところが特にお気に入りですね(笑)

以上、ハッサムの紹介でした。
ではでは~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にんじん

Author:にんじん
ポケモンBWについてだらだらと書き殴るブログです。

フリー勢。
好きなポケモンを使ってそれなりに勝てればわりと満足。
我ながらなんて志が低い……

砂嵐が舞い龍星群が降り注ぐレートには、最近めっきり行っていません。

中堅~強豪あたりのポケモンを育成することが多いです。
何かの参考にでもなれば幸いですが、調整は鵜呑みにしないことをお勧めします(笑)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。